横浜文化カレッジ・Yokohama CC

アクセスカウンタ

zoom RSS がんワク・がんワクチンだ!!!-抗がん剤に代わる決定治療法,C VACCINE,POST CHEMO

<<   作成日時 : 2009/11/21 12:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

永年苦しんで来た抗がん剤患者さん、もう、がんワク・がんワクチンで大丈夫だ!!!
-SUPERIOR CANCER VACCINE CURES ALL OF CHEMO CANCER PATIENTS, NOW!!!-



やっと陽の目を見た免疫療法・免疫治療   ブックス200


 考えてみれば、医者も薬剤メーカーも、「厚生ヤクニン」も、酷いことをして来たものだ。抗がん剤療法とは、要するに、独りの犯罪者らしい「ゲリラ」を捕まえる為に、疑わしいと思える所を、片っ端から無差別爆撃・絨毯爆撃を加えている様なもので、爆撃された方はたまったものではない。



 実例では、つい昨日のイラクであり、今日まで、オバマでも続いているアフガニスタンの現状だ。穏やかに暮らしている無辜の民が大量に殺されている。こんな荒っぽい作戦も、他国だからできる話ではある。



  抗がん剤治療の場合、これを人体内でやろう、と云う訳だ。まあ、医者も他人の体だから出来る様なもので、自分の体だったら、こんな惨酷な事は、到底出来まい。


  抗がん剤治療の場合、一匹のがん細胞を捕まえる為に、毒薬抗がん剤を、体内全体にふんだんにばら撒くと云う寸法だ。当然体は悲鳴を上げるわな。それが頭髪ゼロであり、嘔吐であり、節々の痛みの発生だ。本来はこの時点で、「この抗がん剤治療は、誤りかもしれない?」と、気付くべきなのだ。


  医者はよく、この事を指して「副作用が強いようですね」とか云っているが、これは副作用ではなく、主作用として、毒物・人体破壊を告げているに過ぎないのだ。これだけ毒物を浴びれば、普通の人体は、これだけでも死ぬだろうさ。


  ここで、もう一言付言すれば、「ヒトは癌で死なない、がんで臓器が破壊された時、その臓器の為死ぬ事もある」



   やっと陽の目を見た免疫療法・免疫治療   ブックス200

































  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
がんワク・がんワクチンだ!!!-抗がん剤に代わる決定治療法,C VACCINE,POST CHEMO 横浜文化カレッジ・Yokohama CC/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる