横浜文化カレッジ・Yokohama CC

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画・カイジ-「負け組」も、そんなに悪くねーぜ!!!-

<<   作成日時 : 2009/11/04 13:25   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

「逆転人生」に釣られて見て来たわいなあ

 
映画・カイジ・公式サイト 
 
画像


  闇サラ金融「帝愛」グループと、その独裁者「兵頭」だったか「小泉竹中」だったかの、自慢話がその発端だ。

  その独裁者「小泉竹中」が、何を血迷ったか、弱小庶民共から搾り取った財力で、カネモチどもの喜ぶ「核シェルター」を、作る事にする訳だ。

  そしてその、核シェルター・地下工事現場に送り込む、「奴隷労務者」を物色し始める事になる。



  ここら辺までは、実に良く出来た話だぜ。画面を見ていると、まるで自分までその「奴隷労働」に引き込まれて行くから、不思議だぜ。これが例の、独裁者「小泉竹中」の力と云うもんだ。本当は、こいつら「闇サラ」の論理なぞ、蹴飛ばさにゃあならん訳だけど、ついついあくどい「小泉竹中」に、「負け組み庶民」は、負けちゃうんだよね!!!


  設定では、借金負債・青年諸君が、「人生逆転」を賭けて、参加する筈なのだが、ゲームで「負け組」が勝ち始めると、例によって例の如く、闇サラ・カネモチ側が、どんどんてめえの都合の良い様に、ルールを変えて行くのがミソなのだ。



  中でも最悪なのは、Braveman Road・ブレーブマンロードだろう。ふざけやがって、ビルからビルに鉄棒だか鉄骨だかを渡して、「ここを渡れ!!!」と云うわけだ。眼下百メートル近く、間は数十メートルあるだろう。おまけに、その中継をカネモチ共が「観賞」すると云う寸法だ。


  サーカスだって、下に網くらい張るぜ。まあ、カネモチ・勝ち組は、「負け組」をいじめるのが愉悦なんだろうね。これも、千三つ・千に三つ位しか本当は無い、と云う言葉の通り、「闇サラ」側は、約束の鉄棒渡りを果たしたカイジに対しても、絶対「一千万円」は、払わない!!!


  またまた例の如く、「利息がどうの、手数料がどうの、ベンツを凹ました修理代がどうの」とケチをつけ始め、結局カイジには、「七十五万円」だかの、はした金しか渡さぬわけだ。これにもカイジは、従順に従って行くわけだねえ。



  そしていよいよ最後、皇帝奴隷・カードゲームで勝利し、「闇サラ」側から五億円をカイジは手にするわけだが、その後、心を許した女貸し金屋・遠藤凛子に眠り薬を盛られ、そっくり持ち逃げされ、またまた「はした金」カイジとなってしまうと云うくだりだ。




  最後の最後、なけなしの金から搾り出して、メモと共に約束のパチンコ屋に届ける。そして新宿だか渋谷の、「帝愛」闇サラ・CM大スクリーンを背景にしながら、無表情に去って行く。いよっ、千両役者!!! カイジ・藤原!!!




  映画評・カイジ 未完の映画評






















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【映画評】<!-- かいじ・じんせいぎゃくてんげーむ -->カイジ 人生逆転ゲーム
“負け組”たちが命を賭けた奇想天外な敗者復活ゲームに挑むエンターテイメント・ムービー。 ...続きを見る
未完の映画評
2009/11/06 02:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画・カイジ-「負け組」も、そんなに悪くねーぜ!!!- 横浜文化カレッジ・Yokohama CC/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる