横浜文化カレッジ・Yokohama CC

アクセスカウンタ

zoom RSS HOMMAGE A WOODY ALLEN,LOVE BARCELONA,それでも恋するバルセロナ

<<   作成日時 : 2009/07/09 23:51   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

映画・それでも恋するバルセローナ

動画


画像



  実は、何の予備知識もなく、ただ時間が合うという理由でこの映画を見たのだが、それが良かったのかも知れない。

 見終わってだいぶ経った後、監督が、あの有名なウッディ・アレンだと聞いて、二度びっくりした。



  この映画を一言で評するなら、「実にふざけた映画だ!!!」という事になるだろう。普通のまじめな男女なら、多分眉をひそめる内容なのではないか?


  何しろこの物語は、ラテン系赤シャツ・アーティストの提案により、いきなり「三角関係」から始まる。これに、まずまじめ人間のヴィッキーが、「とんでもない話だ!!!」と抵抗する。

 
  このあたりの反応は、日本人としては、さぞ共感することだろう。アングロサクソンと日本人は似ているのだ!!!



さて話の方は、三角関係から、四角関係へ、そして四角関係から五角関係へと進む。何しろ、参加者も多いので、その分角数も増えるというわけだ。


  そして殆ど終盤の台詞で、

  「何でお別れ会で、スペイン語教師がピストルを持ち、お前が撃たれなきゃならないんだ!!!」と云う、ヴィッキー五主人による、第五角目の発言となり、結局、大団円に一路向かうことになる。



  さて、二つ目の三角関係に出てくる「マリア・エレナ」だが、これが凄い!!! ラテン系でも、特にスペイン人が凄いのかも知れないが、マリア・エレナは、本気の本気だった。あのピストルが本物だったら、本当に人を殺していたぜ!!!


これはもう、監督の意図を超えたすさまじいもので、カンヌ・「女優助演賞」も当然の、出来栄えだ。



  図らずも



  「愛と殺しは紙一重!!!」と云う、ラテン人からの教訓であった。 老婆心ながら、「くれぐれも愛を軽々しく、なさらぬ様に!!!」


























ウォーターメロン・マン~ライヴ・アット・モントルー
ビクターエンタテインメント
モンゴ・サンタマリア

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
HOMMAGE A WOODY ALLEN,LOVE BARCELONA,それでも恋するバルセロナ 横浜文化カレッジ・Yokohama CC/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる