横浜文化カレッジ・Yokohama CC

アクセスカウンタ

zoom RSS がん(癌)を生きた壮烈な緒形拳-BRAVE KEN OGATA,LIVED WITH CANCER

<<   作成日時 : 2008/10/10 00:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

:玄米菜食・自然療法を通した緒形拳!!!-がんの本質が分かっていた男だ、緒形は!!!-


各種番組から、緒形拳が、如何にかっこよく、見事で、素晴らしく人生を送ったかを知らされ、ただただ驚き、涙するばかりであった。

特に、番組収録の終わりで、「風のガーデン」だったか、最後の「打ち上げ」まで参加し、中井貴一などに「もう、会えないと思うが...」と言葉を掛けている。

その2、3日後だったか、「調子が悪いから...」と病院に行ったのが、これが最後になった、と云うのだ。それも「肝臓破裂」だ。何という、強烈な死であることよ!!!


 「風のガーデン」に掛かるインタビューで、「僕はこの機会に、玄米菜食をする事にした」と、緒形は述べている。8年前の肝臓病から、5年前の肝臓がんに進んで行った時、はっきりと「西洋医療と抗がん剤治療」を拒否している。そして見事にその5年を、その恐ろしい「抗がん剤副作用」無しに、全うしているのだ。

 話を聞いたゲスト達は、「良く独りで頑張りましたね」とか、「孤独な生き方を選んだのですね」とか、口々に云っていたが、それこそ「終末」を見据えた、人生選択だったのだろう。

 次男からだったかに、「いや、かっこよく、温かい人でした」の言葉があったが、身近な家族からこれだけ褒められば本望で、もう思い残す事はさらさら無く、ただただその緒形に脱帽するばかりだ。


 日ごろから、天皇さま、美智子さまのご家庭や、皇太子さま・雅子さまご一家が、いわば日本の家族の慰めになって来たものだが、この次男の一言から、「緒形拳を頂点とする家族」も、また日本を代表すべき家族なのだ、と思わせられたことだ。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
がん(癌)を生きた壮烈な緒形拳-BRAVE KEN OGATA,LIVED WITH CANCER 横浜文化カレッジ・Yokohama CC/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる