横浜文化カレッジ・Yokohama CC

アクセスカウンタ

zoom RSS 無駄が悪いか!-WHY NOT FUTILE-これが「無駄な人生」モデルだが、文句あっか!

<<   作成日時 : 2008/03/25 02:43   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

無駄に生き、無駄に死ぬ、だから何でえ!-SO WHAT FUTILE LIFE!-PHILOSOPHY OF FUTILITY 無駄の哲学


 映画・やじきた道中 てれすこ (松竹2007)の中で、吉原から迫って来る追っ手を向こうに回し、遊女・小泉今日子が、啖呵(たんか)を切る場面がある。

「惚れたが悪いか!」

 歌舞伎張りに見得(みえ)を切るところは、「最後の最後に云う台詞(せりふ)でして、万感こもり、実にようござんした」と云う内容だ。


「無駄な人生」モデル

さていよいよ「無駄な人生」モデルだが、これが案外身近にある事に気づき、驚く位だ。

例えば良く見る映画の「釣りバカ日誌」だが、ご存知の鈴木建設社員のハマサキは、まず働かない。

営業何課かの職場には、大体遅れて来るし、席についても仕事はしない。大体釣りの道具の手入れだ、やっているのは。

もうこれは、謹厳実直を旨とし、サービス残業を快諾すべき「日本労働モデル」から云えば、ハマサキは間違いなく失格社員で、「無駄社員」と断罪され放逐されても仕方の無い体たらくだ。

確かに、普通これだけでクビだろう。また、新しいことや変わった事の嫌いな日本人の場合、必ず陰口や、告げ口があり、これだけでも地獄へまっしぐらの内容なのだ。


しかしハマサキの場合、人徳が有ると云うか、会社では何をやっても許されるし、まさしくスズケン会社は、遊園地そのものなのだ。この「無駄の人生」が輝いているところが凄い。

たまには仕事もすると云う事で、ハマサキを弁護するなら、釣り仲間とか釣り師弟とかいう関係で、大口の、それもど偉いプロジェクトを取って来るという特技を持っている。

そして次に凄いことは、普通日本人が「ずるい」と思い勝ちな、このハマサキ営業力も、立派に認められ評価されているところだ。これで又ハマサキの「無駄の人生」に磨きがかかって来る。


つまりこの映画の教訓は、スウさん、ハマサキ同様「無駄の人生」を楽しみ謳歌する為には、あくまで[主役を張れ」と云う事みたいだ。



ムダのススメ Being away on business

一言メッセージ :全てに対して辛口で切りまくるぞっ!!
30超え、独身、負け犬だ!文句あっか!













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ メンズ
無駄が悪いか!-WHY NOT FUTILE-これが「無駄な人生」モデルだが、文句あっか! 横浜文化カレッジ・Yokohama CC/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ メンズ
2013/07/06 14:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
無駄が悪いか!-WHY NOT FUTILE-これが「無駄な人生」モデルだが、文句あっか! 横浜文化カレッジ・Yokohama CC/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる